薬剤師と新薬開発

4月 16th, 2014

薬剤師の仕事は医師の指示通りに薬を調剤するだけではありません。
薬というのは一回作ればそのままというわけではなくて、同じ効果の薬であっても金額を低く抑えるようにしたり、治療により効果的な薬を開発したり研究することも仕事のひとつとなっています。
つまり、新薬を研究したり開発するのも薬剤師の仕事のひとつです。
新薬の研究は薬学だけでなく、さまざまな分野の知識を必要としており、その中のどれかひとつでも欠けてしまってはならないものとなっているのです。薬剤師として開発に携わるのでしたら、ただなんとなくではなく、明確な目的と強い意志を持つことがオススメです。

ライフスタイルに応じた保険選び

4月 16th, 2014

社会人になったら「保険に入っていますか?」なんて聞かれる機会も増えるでしょう。
ただ保険という名ががつくものには、世の中色々あります。
生命保険、医療保険、介護保険、それに自動車保険やゴルフ保険・・etc
ではなぜ保険と言うものがあるのかというと、はやはり一番は万が一に備えるためです。
ただ保険の選び方はライフスタイルによって変化させていく必要があります。
例えば家族が増えてくると、今までの保険では少し保証とかが合わない事も出てくるでしょう。
そんな時に保険に対して相談出来る人が身近にいるとアドバイスを受けられます。
仮にそのような詳しい人がいない人でも最近は無料で保険相談などを行っているところが多いので気軽に利用してみるのも良いですね。

かに味噌に付けるだけ、乗せるだけ!

12月 5th, 2013

茹でたかにを食べて、お楽しみはかに味噌の部分という方も多いと思います。そのまま食べるのももちろん美味しいですが、ちょっとひと工夫するだけで違う楽しみ方ができます。

・お好みの野菜や生ハムなどを乗せたパンにかに味噌をディップとして付けて食べる。お酒のおつまみとしてもとっても合います。かに味噌がそのままだと苦手・・・という方にもおすすめです。パンにつけるだけなので、手軽にすぐ食べられます。

・豆腐にかに味噌をのせるだけで完成。豆腐と一緒にかに味噌がとろけておいしいです。醤油、ネギなどの薬味はお好みで。

素材のかには通販で手に入ります。いろいろ意外な組み合わせをためしてみるのも、新しい発見があって面白いですね。

保湿ケア

1月 30th, 2013

冬は乾燥に悩む季節だけれど、最近は季節に関係なく『室内』が一番乾燥している気がします。
というのも、乾燥の主な原因はクーラーやエアコン。
若いうちは全然気にしないでいられたのに、お肌の曲がり角を越え始めた時期である私には、もう朝晩の保湿ケアだけでは足りなくなってきたみたいです。
リップクリーム、ハンドミストを忘れた日には、すぐに頬や唇がパリパリしてきて非常に気持ち悪い・・・と同時に、確実に年を取っているのだと実感しちゃいますね。
最近積極的に行っているのは、食事による身体の中からの保湿ケアと、基礎化粧品によるケアです。
基礎化粧品はアンプルールを愛用しています。
若い子たちにはあんまり知名度ないですが私らの世代だとシミ対策で有名なブランド。アンチエイジングに定評ありなメーカーです。
基礎化粧品で外側、食べ物で内側から、両面からの乾燥対策がおすめですよ。

節約の必要性について

1月 28th, 2013

高額商品を購入した時や出費が重なる時期は家計も火の車。
そんなときには節約は大切です。
節約って言うと、「もうこれ以上、節約は出来ない!」という人がいます。
でも、よく聞くと、タバコ、ビール、ギャンブルなどのムダな出費は結構、あるものです。
こうした無駄な出費はどんどん削るべきですね。
でも、ただ削ればいいかというと、そうは思いません。
消費は生活に必要最低限のものだけしか買わないという人がいます。
でも、それってちょっと行きすぎですよね。
やはり、生活に潤いを与えるため消費はある程度、行うべきです。
ただし、限度額は決めておかないと、使いだすとキリがありません。
そうした収入と支出のバランスが生活には必要なのです。

引越しの見積もりを考える

1月 24th, 2013

最近はインターネットで簡単に引越しの見積もりを依頼することができるようになってます。
自分の都合に合わせて、好きな時に見積もりが取れるので、楽ですよね。
でも、これは簡易的な見積もりです。
最終的な見積もりを行なうためには実際に家庭に訪問してもらう必要があります。
が、ネットで簡易的な見積もりをもらうことによって、大ざっぱな値段がわかります。
それによって、業者選びもやりやすいですし、料金を見ながら、どこまで自分で行い、どれだけを業者にまかせるかも決めやすくなります。
ただ、一概に値段だけで決めてしまうのは考えものです。
後々のトラブルを防ぐためにも、安心のサポート体制が整っているかどうかも、業者選定の基準にいれるべきです

ムダ毛が気にならない!?

1月 13th, 2013

毎日のように無駄毛処理している毛深い私ですが、若い頃ならいざ知らず、30代になった今はその無駄毛処理にお肌が悲鳴を上げだしました。
カミソリで処理しているのですが、カミソリはお肌の角質まで根こそぎ剃ってしまうらしいですね。
肌は弱くない私ですが、さすがに新陳代謝も衰えた今の肌ではすぐに荒れたりひどく乾燥してしまうようです。
するとそんな話をカレにしてみたら、意外なことを言われてしまいました。
「俺はそんなに無駄毛は気にならないけどなあ」
えっ!?と大声を出して驚いてしまいました。
カレ曰く流石にワキ毛までボーボーだとだめらしいのですが、それ以外のところはそんなに気にならないし、まして無駄毛処理のせいで肌が荒れるなら無理してしなくてもいいと言うんです。
でもやっぱり女友達に言うと「他の女性からチェックされちゃって恥じかくよ」との事。
心が揺らいでしまっています。

⇒脱毛を新宿でするにはこちらです

栄養満点なアボカド

12月 4th, 2012

まつげエクステは、自まつ毛の土台がしっかり整ってあって初めて出来る事です。
目が一回り大きく見えるのでお勧めですが、そのためには日頃のお手入れが重要です。
毛には寿命があり、一定の長さまで成長すると、そこで成長が止まり抜け落ちます。
生えかわる周期は約30日~90日です。
それぞれの毛は順次抜け変わって、常に全体として一定の数を保っています。
パーマやマスカラ・ビューラー、オイル洗顔などでダメージを受けすぎると、早めに抜け落ちる事もあります。
そのような事にならないよう普段のお手入れがとても重要になってきます。
食べ物としては、たんぱく質の食品を食べると良いです。
そして年齢とともに、量が減ったり、太さが変化します。
ビューラー、クレンジング時のゴシゴシ洗いによっても、大きなダメージを受けているのです。
まつげのためにも日々のケアは丁寧にしたいものです。

上司とうまく付き合うには

11月 10th, 2012
仕事場における悩みのトップ3の中に必ず入っているのは、上司と合わないというもの。
これは男性女性問わず、サラリーマンである人のほとんどが1度は悩んだことがあるでしょう。
そのような場合、みなさんはどのようにして切り抜けていらっしゃいましたか。

上司と合わないと一言で言っても、どこが合わないのか種類があるはすです。
まずは、その合わない場所をきちんと客観的に知ることが大切なのです。
ここは自分一人では、かあっと頭が熱くなってしまってわからない点もありますので、信頼できる同僚や先輩に教えてもらうことも一案です。

そして、自分と同じ人間ではなく、違う価値観や環境で今まで生きてきたわけだから、違って当たり前だと受け止める決意をしてみましょう。
違うと認識することから始めて、相手がこちらに興味を持ってくれるように、相手がこちらにスッと入って来られる間を作るようにしてみましょう。

基本的に上司と言うと自分よりも年上が多いですね。
年を重ねると人は何においてもストライクゾーンが狭くなるそうです。
まだ若い部下の方が少し工夫をしてあげた方が解決が早くなるのではないでしょうか。

卒業祝いを贈る時のマナー

11月 10th, 2012
卒業祝いを贈る時のマナーについてまとめてみました。
卒業祝いは、身内や親族間で行うお祝いの1つですがお付き合いの程度によっては知人同士で行うこともあります。

本来は品物を贈り物とするのがマナーですが最近は金封を渡す場合も多くなっています。
いずれにしても相場は1万円です。

親しさに応じて金額は前後します。
のしや金封には紅白の水引を蝶結びにして付けましょう。卒業に続いて入学、就職などお祝いが続く場合には両方を兼ねて渡せば大丈夫です。

両方を兼ねる場合には、後のお祝いを重んじることが一般的なマナーです。
卒業祝いではなく、入学祝、就職祝いとして渡せば良いのです。

卒業祝いを渡す時期ですが、卒業後の入学先や就職先が決定した後にしましょう。
入学式や入社式の1週間前までに済ませることがマナーです。贈り物を選ぶ時の注意ですが、いただく側としては、品物が重複しても困ります。

喜ばれるものを贈るためには、あらかじめ先方に希望を聞いておくのもいいかもしれませんね。